Columnコラム

マクラメのことやワークショップについてなど

出張ワークショップのお話。

ユメノマド

– この記事は2020年11月号の冊子「ノマドバコ通信/連続通信講座vol.1-5号」の記事を編集したものです –

初めての出張ワークショップは2013年9月。神戸新開地のユメノマドさんというゲストハウスのギャラリースペースでの開催でした。

「夢+ノマド」というネーミングが「ノマド+箱」の当店の名前ととても似ているという親近感もあり、伺う前からワクワクしたのを覚えています。ユメノマドさんの女将はとてもパワフルで魅力的な人ですぐに仲良くなりました。ゲストハウスなので遠方の生徒さんは一緒に泊まって合宿のようでした。
そしてその中にノマドバコ講師のゆかりさんもいました。

初めての関西でのワークショップ、まだ当時はマクラメを教えている教室がほとんどなかったこともあり大阪、京都、四国や九州まで様々な場所から来ていただきました。東京のワークショップとはまた違った、距離感の近い関西の方々との楽しい時間が私はとても好きでした。
みなさん積極的で、質問をどんどん投げられて、未熟だった私はてんやわんやで、目が回るようでした。おかげ様でかなり成長させてもらったと思っています。
当時のユメノマドにはカフェが併設されていて、ワークショップの後に飲む珈琲が本当に美味しかったです。カフェには常連さんが沢山いて、友達もできました。夜の部も開催し、宿の宿泊客の方やスタッフさん、ユメノマドのカフェの常連さんも参加してもらいました。日本語の通じない観光客の方に教えるのはとても大変でした。友人から無茶振りをしてもらい、初めてコアリクイのモチーフを編んだのも楽しい出張の思い出です。(結構苦労しました)

2013年9月から始まり、2013年11月、2014年4月、7月、12月、2015年5月、2016年1月と、数えてみると計7回もユメノマドさんでお世話になっていました。帰る時にはいつも名残惜しくて「今度はいつ来られるかな」と女将と次のスケジュールを立ててから帰宅していたものです。残念ながらユメノマドさんはギャラリースペースを宿泊スペースに改築してしまったため、もうワークショップを開催することはできないのですが、またぜひ宿泊客として遊びに行きたいと思っています。

その後、私の出産があったため、少し時間が開いてしまったのですが、2017年5月にはヒノコカフェさん(京都)でゆかりさんとEIKOさんと一緒にワークショップを行いました。2018年4月と11月には、HA-HA APARTMENTさん(京都)で開催させていただきました。
2018年までは出産後も娘を連れて私も同伴していたのですが、娘の成長と共に連れて行くのが難しくなり、2019年9月には初めてゆかりさんとEIKOさんの二人だけで行ってもらいました。
会場は、ギャラリーカフェMATSURIさん(大阪)です。

2020年5月にも大阪出張を予定しておりましたがコロナの影響で中止とさせてもらいました。出張要員として活躍してくれているEIKOさんは現在ベトナムに滞在中で、まだ帰国は難しいようです。(2020年11月時)

東京のワークショップと同様に人数を減らした上で、そろそろ関西出張を再開したいと思っています。まだ私は同行できないかと思いますが、また近い将来、関西出張にも参加できたらなぁと思っています。

Nomad Baco 愛

関連記事

カテゴリー